カードローンの金利比較をするメリット

限度額内で自由に使えるカードローンは、サービス提供主体によって金利が異なります。そのため、金利比較をしてサービスを選ぶべきです。低ければその分、同じ借入額であっても、トータルで支払うお金は少なくなります。比べる際には、実質年率の表示を比べましょう。これは、照す量なども含めたすうちになっていますので、それだけを見ればどのくらい元本以外に払うことになるかがわかります。一円でも得をしたいのであれば、低い方を選んだほうが得です。
一般的には、銀行の方が低金利になっています。消費者金融は無担保で貸していますが、銀行は保証会社が保証をするスタイルになっているため、低くても損失を出すリスクがありません。その代わり、審査をする保証会社の判定は厳しくなる傾向にあります。保証会社には消費者金業者がなりますが、その業者が独自に提供しているサービスの審査よりも厳しくなるようです。そのため、申し込む場合には、落ちてしまう可能性を忘れないようにしてください。
そのたの特徴としては、総量規制が働かないということが当てはまります。消費者金融業者の場合は、年収の三分の一が最大で借りることができる枠ですが、それがないため理論上はいくらでも借りることができます。もちろん、過度の融資は貸し倒れるリスクが高いため、実際はそう簡単に貸してくれません。しかし、返済の余力があると判断されれば、ある程度高い融資を受けられる期待を持つことができます。