消費者金融からお金を借りる際に行われる在籍確認

お金を借りたいという場合、大きく2つの場所があります。それが、消費者金融などの貸金業者と銀行などの金融機関です。キャッシングやカードローンを利用する時には、申し込みをするわけですが、それだけで融資を受けることが出来るわけではありません。申込者に返済能力があるのか、過去に返済遅延や債務整理を行っていないかなどの情報を元に、審査を受ける必要があります。返済能力が十分にあると判断された場合には、お金を借りることが出来ますが、そうではない場合や申込内容に不備があった場合などは、審査に落ちるため、お金を借りることも出来ません。
その審査の段階で行われることが多いのが、在籍確認と呼ばれるものです。これは、申込時に申告した勤務先に勤務の実態があるか否かを確認するために行われるものです。通常は、勤務先に電話をして確認します。この際、銀行名や消費者金融の社名を名乗るという事は無く、担当者個人の名前での問い合わせとなりますので、周囲にお金を借りようとしていることがバレることは少ないでしょう。なお、この在籍確認が取れないという場合には、融資を受けることは出来ない可能性もあります。
ただし、一定の条件を満たしている場合、所定の書類を用意することが出来る場合であれば、全ての手続きをWeb上で完了させることが出来る場合もあります。このような申し込み方法を選んだ場合には、勤務先に電話連絡があるということはありませんし、自宅などへの郵送物もありません。